理想の暮らしの物件!

Pocket

 あなたが理想のマイホームを選ぶとき、賃貸と購入どちらを選ぶでしょうか。
ずっと賃貸暮らしをするのか、マンションや戸建てを買うのか、究極の選択ですね。一般的に、「若いうちからマイホームを買った方がお得」と言われ続けています。
しかし、現代の社会情勢などを考えるとどちらがお得なのか分からなくなってしまいそうです。そこで、賃貸と購入のそれぞれのメリット・デメリットや費用面の比較について確認していきましょう。

◆賃貸と購入それぞれのメリット・デメリット
マイホームを購入するかどうか検討する前に、住宅は購入するのがよいか、賃貸にするのがよいかで迷う人もいらっしゃると思います。それぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう。
◇メリット
 ➀購入では
  住宅を購入するメリットとしては、
・資産となることで子どもや家族に財産として残せる
・間取りや内装、インテリアを自由にアレンジできる
・自分の城という安心感、老後の住まいの心配がない
・銀行からの融資の担保として利用することができる
不動産としての資産性や住居利用の自由度が高く、安心感が大きいことなどが挙げられます。
 ➁賃貸では
  賃貸でのメリットは
・ライフステージに合わせて引越しが簡単にできる
・地震や火災などの場合リスクが少ない
・設備のメンテナンスは基本的に大家側が負担
賃貸は、なんといっても転居がしやすいこと。家族構成や、勤務先、子どもの通学先などに合わせて、場所や広さをその時々で気軽に選べる魅力があります。

◇デメリット
 ➀購入では
  購入することにより
・固定資産税、修繕や建て替えなどの維持コストがかかる
・地震や火災のときリスクが大きい
ライフステージや家族構成によって、必要な広さや便利な場所などが変わりますが、住み替えが簡単にできません。購入する場合には、様々な要素を慎重に検討する必要があります。
 
➁賃貸では
  賃貸でのデメリットは
・いつまでも自分の資産にならない
・リフォームなど思い通りに出来ない
・引越しの度に保証人の問題など社会的信用が低い
勝手に内装を変えられない、壁などに穴をあけられないなど利用上の自由度に制限があり、やはり自分の資産にならないことが大きいでしょう。

◆マイホームを購入や賃貸した場合の費用比較
「総住居費」を考えた場合、購入と賃貸では費用にどのような違いがあるのでしょうか。
➀購入の場合
一戸建てを購入した場合、毎月の住居費を全額住宅ローン返済額に充てられますが、マンションは毎月の住宅ローン返済のほか「管理費・修繕積立金」の支払いも必要になります。したがって、マンションを買う場合は、毎月払える住居費から管理費・修繕積立金(2~3万円程度が目安)を差し引いた額を住宅ローン返済額と認識しておきましょう。
また、マンション、一戸建てともに、家を所有すると毎年かかる税金(固定資産税・都市計画税)は年単位でかかる費用と考えておく必要があります。

➁賃貸の場合
初期費用が少なくて済むので、預金が大きく減らないメリットがあります。固定資産税や都市計画税などは、すべて管理費から支出されるのでかかりません。
購入とほぼ同じ立地、広さで築年数が浅い物件を借りる場合、賃貸のほうが高くなることもあります。その一方、家賃の安い物件を選んで住み替えれば、総住居費は購入より安くなります。
また、定年退職後も賃料をずっと支払い続けるため、老後の支出も多くなります。
つまり、ずっと賃貸でいくのであれば購入した人よりも多くの老後生活資金を準備しておく必要があります。総額としてはあまり変わりなくとも、計画的な貯蓄力も必要になってきます。

購入と賃貸について比較してきましたが、一般的には20代までは初期費用の安さや手軽さから賃貸を選ぶ人が多く、家族が増える30代以降はマイホームを購入する人が多くなります。
特徴やメリット・デメリットをしっかり認識して、ライフステージに合わせた住宅を探していきましょう。